記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FF11

【FF11】復帰3周年を迎えました

秋月螢雪

2017年11月、7年ぶりにFF11に復帰しました。 ヴァナ・ディールを再び冒険するためのゲーム内情報と、パソコンの選び方やコンフィグの設定方法などプレイ環境に関する情報を中心に記事を書いています。 Asura在住。2アカウント(Keisetsu/Kotoriko)で冒険中。 イラストはマリアちゃん(@Malia_Carbuncle)作。 Twitterのフォローもお気軽に!

3rd Anniversary of return.
光陰矢の如し。復帰してから3年が経ちました。
Teacher
先生
Tarubon-A
たるぼん
こういんやのごとし、ってなに?
月日が過ぎ去るのは早い、ということですよ。
FF11に復帰してから早3年。楽しすぎてあっという間に過ぎ去っていました。この3年を振り返ってみます。
Teacher
先生

あっという間の3年

2017年11月に復帰してから3年が経ちました。

復帰前に、フリートライアル版で新生ヴァナ・ディールの様子を見ていました。Pandemoniumサーバ出身でしたが、サーバ統合でなくなってしまったので、出身サーバにちなんだキャラクター名にしました。

なんだかんだで、もう3年。あっという間に過ぎていました。

これだけの期間を飽きもせず過ごすことができたのは、ヴァナ・ディールが風光明媚な世界に洗練されて行っているからです。

18年も続いているゲームだからこそ、そのボリュームは他を圧倒します。ボリュームだけでなく、バランスも絶妙です。
並のRPGなら数ヶ月遊べたらいい方ですよね。

上位コンテンツもある程度攻略できた

CL135以上の上位コンテンツもある程度攻略できました。
アンバスケードとてもむずかしい、ウォンテッドCL135、オーメンボスのカトゥラエ、ギアスフェットの醴泉島隠しNMなどです。
できるだけ少人数での攻略を目指していますが、CL139を超えるとパーティやアライアンスでの攻略が必要になってきます。

オーメンカトゥラエは、去年の段階で Fu を攻略できていましたが、次の Kyou は Fu と同じジョブ構成では攻略できず、別ジョブを鍛えるのに1年近くかかりました。
このバランスが、FF11らしさとも言えますね。

ギアスフェットに関しては、幸運にも雑談系コンテンツLSに入れてもらい全攻略できました。

また、この1年で究極武器のエピオラトリーとセクエンスを作成できました。
装備に関しても、AF119+3、レリック装束119+3まで強化できました。

Sequence
【イオニックウェポン】セクエンスへの道 【第4の究極武器】

続きを見る

Epeolatry for Rune Fencer
【エルゴンウェポン】エピオラトリーへの道 【FF11魔導剣士専用究極武器】

続きを見る

早い人は復帰して1年以内で辿り着きますが、私としてはCL119以上のコンテンツを順当に攻略して徐々に強くなっていくことに楽しみを感じていたので、私の辿ってきた道のりにはとても満足しています。

 

20周年までまったりする

上位コンテンツも徐々に追加されているので、まだ上を目指そうと思えばやれることはたくさんあります。

この3年のコンテンツ攻略の印象は次のとおりです。

  • CL119 :アンバスケード装備NQ~HQ+1があれば攻略可能
  • CL125 :ギフト800程度にすれば攻略可能
  • CL135 :ジョブマスターとジョブ専用装束119があれば攻略可能
  • CL139 以上:ジョブマスター、ジョブ専用装束119+2以上、RMEA、そしてジョブ構成を最適化すれば攻略可能

CL135まではそれほど苦労せずに来れましたが、CL139以上になると急に条件が厳しくなり、装備の強化に費やす労力はCL135までに掛けたもの以上の印象です。

また大量のアイテムが必要になるオデシー由来のウォンテッド装備の強化や、オーメン詰みの光経由のRMEAの強化などもあります。オデシーは30分、オーメン詰みは45分と、日課としてこなすにしても、それなりに時間が必要です。
いろいろ頑張ってみましたが、やはり今のFF11はコンテンツで溢れているので、やらないことも決めておかないと時間がいくらあっても足りません。

RMEAのオーグメントは後回しにして、いろいろな状況で柔軟に対応できるようジョブの幅を広げていこうと思います。

20周年まで、あんまりガツガツせずにまったりやろうと思います。

 

4Kディスプレイで遊んでみたい

パソコンやディスプレイなどは、毎年性能が上がり価格は安くなっていきます。
4Kディスプレイの値段もそろそろ落ち着いてきました。

FF11をフルHDで遊ぶには低スペックのパソコンでも十分ですが、4Kとなると試してないので未知数です。

日本時間の2020年11月6日19時に、第4世代Ryzenがリリースされます。
FF11には過剰すぎる性能ですが、4Kディスプレイで快適に遊ぶにはどれくらいのスペックが必要なのか、タイミングを見てパソコンとディスプレイを新調して試してみる予定です。

新たなおすすめパソコンの記事も、折を見て書こうと思います。

ちなみに買おうと思っているディスプレイはこちらです。
お金が有り余って仕方のない方からのプレゼントもお待ちしております( ^ω^ )

Amazon.co.jp
螢雪さんの欲しい物リスト

続きを見る

 

今後について

3アカウント目のキャラクターを導入しました。

入場に3人以上必要なコンテンツ、メナスインスペクターやインカージョン、デュナミス-ダイバージェンスなどをじっくり攻略して記事を増やして行こうと思います。
記事を書くためにコンテンツを巡るとなると、一人の方がやりやすい場面も多いのです。

去年からまだ手を付けていないコンテンツ、レギオン、モンストロプレッジ、なかなか作成が進まないエンピリアンウェポン「アルマス」など、どれか着手できれば良いですね。

あとは、新シナリオ「蝕世のエンブリオ」はまとめてじっくり進めて行こうと思います。
まだまだやることが盛りだくさんです。マイペースで楽しんで行こうと思います。

復帰2周年の記事はこちら。

【FF11】復帰2周年を迎えて思うこと

続きを見る

以上、復帰3周年を迎えて でした。

  • この記事を書いた人

秋月螢雪

2017年11月、7年ぶりにFF11に復帰しました。 ヴァナ・ディールを再び冒険するためのゲーム内情報と、パソコンの選び方やコンフィグの設定方法などプレイ環境に関する情報を中心に記事を書いています。 Asura在住。2アカウント(Keisetsu/Kotoriko)で冒険中。 イラストはマリアちゃん(@Malia_Carbuncle)作。 Twitterのフォローもお気軽に!

-FF11
-,

© 2020 FF11回顧録