FF11回顧録

2017年11月、7年ぶりにヴァナ・ディールに戻った冒険者の回顧録

FF11回顧録

【FF11攻略】花鳥風月おさらい【ミシックへの道】

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804122544p:plain


アイテムレベル時代における花鳥風月

花鳥風月は「アトルガンの秘宝」で実装されたバトルコンテンツです。
アイテムレベル時代における花鳥風月は、ミシックウェポンを作成する上での通過儀礼となります。
ミシックウェポンを作成するためには、第4段階の3匹のNMドロップ品が必要です。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804163252p:plain
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804163300p:plain
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804163311p:plain

これらを入手するため、けっこうな手間がかかりますが花鳥風月をこなすことになります。


当時は、空、裏、リンバスの装備が汎用性の高い性能だったのに対し、花鳥風月の装備はけっこう尖った方向性を与えられていたような印象があります。目玉となっていたのは八竜具足で、ストアTPやクリティカルヒットなどの性能が付与されています。FFシリーズにも何度も登場する「源氏の鎧」のひとつで、実在した鎧がモデルになっています。

空、裏、リンバスなどのコンテンツでは、NMのトリガー取得や入場料などがアライアンスを前提に設計されており、アイテム入手権などは各コンテンツLSリーダーやLS幹部()が管理していました。
花鳥風月は、NMを倒した際に得られるNMの部位をトリガー提供者が持ち帰り、冒険者各々がゼニと呼ばれる専用ポイントを自力で貯めて、上位のNMトリガーを入手する仕組みになりました。当時の開発陣が、コンテンツLSリーダーの負担軽減を考えて実装したのかどうかまでは定かではありませんが、この仕組みによりコンテンツに参加する冒険者にもある程度の労力が求められるようになり、ゼニを貯めていないとNMトリガーを提供できなくなりました。



おおまかな流れ

第4段階のNMドロップ品「ティンニンの牙」「サーラメーヤの皮」「ティガーの尾」を入手するまでの流れは次のとおりです。

  • 絵師 Sanraku と取引を開始する
  • Sanraku の要求するモンスターの写真を撮影し、ゼニと交換する
  • 下位NMを倒した状態で、ゼニと交換で上位NMのトリガーを入手する
  • 第4段階まで繰り返す

各NMは、アトルガンの敵国に対応した3つの系統に別れます。「マムージャ蕃国」系統、「ハルブーン傭兵団領」系統、「アラパゴ諸島」系統です。

かつては、撮影した写真「獣封板」を渡せる上限がヴァナ・ディール1日10枚に制限されていましたが、ヴァナ・ディールの星唄ミッションを進めて星唄の煌めき【三奏】を取得していれば上限が撤廃されます。
獣封板は Sanraku の要求してきたときの場所とモンスターでないと低い評価しか与えられませんでした。Lv75制限が撤廃された今は、アビセア-タロンギに生息しているドラゴン Naul がSanrakuの要求する条件に関わらず約1500モンになることから、こちらで撮影するのが定石となっています。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804120405p:plain



花鳥風月、事始め

アトルガン白門 (E-8) にいる Sanraku と Ryo に話しかけて花鳥風月を始めます。
まずは獣写器と獣封板を入手しに行きます。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804125046p:plain

※ Sanraku はその服装から老婆と勘違いされることもありますが、Maat と同じ爺です。髭も生えています。東アドゥリン市街にも、アルビオンスカーム担当の爺が同じ格好をしていますね。何らかの繋がりがあるのかも知れません。



モンスターの写真を撮影する

獣写器 (カメラ) を入手する

始めて花鳥風月をやる場合、獣写器を入手するのにアトルガンの貨幣が必要になります。
競売や、皇国軍戦績がある場合はアトルガン白門 (G-9) の2階にいる Ugrihd からアトルガン黄金貨を入手します。
※ 他の貨幣でも良いですが、ジェトンとの交換レートが一番良いのはアトルガン黄金貨です。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804125642p:plain

アトルガン白門 (J-11) からコロシアムに入り、入り口付近にいる Zandjarl にアトルガン黄金貨をトレードし、ジェトンと交換します。
そして、ジェトンと交換で獣写器と獣封板を入手します。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804132626p:plain

モンスターを撮影する

マクロを作っておくと撮影が楽になります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804132228p:plain
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804132238p:plain


評価の高い獣封板を撮影するにはいくつか条件があります。
以下、FF11用語辞典からの引用です。

・距離が適切 +5
・相手のHPが75%以上 -5
・相手のHPが50%以下 +3
・相手のHPが25%以下 +5
・正面からの撮影 +3
・側面からの撮影 ±0
・後方からの撮影 -3
・対象が計り知れない強さ +10
・対象が大型モンスター +5
・対象が攻撃対象を持たない -10
・対象の攻撃対象が他人である -非常に大きい値
最後の2点は、占有権は関係なく、攻撃対象の有無で決定

要するに、赤ネームの敵をHPを極力減らして正面から撮影すると高評価の獣封板が作れます。
また撮影中に襲ってこられても面倒なので、寝かし手段のある赤魔道士や青魔道士で行くと楽です。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804133335p:plain

撮影場所

ゼニを貯めるのが目的なら、アビセア-タロンギ (E-9)付近に向かいます。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804133656p:plain


グスタフの洞門の奥にいる配置換えとなったアダマンタス族の Pygmytoise も約1500モンになります。
こちらはスリプルに耐性があるのか、光属性、闇属性どちらも寝ませんでした。
シーフや獣使いなどで出向く場合は撮影対象として使えるかもしれません。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804194149p:plain



パンクラティオンに出場する

これは余談です。
撮影した獣封板はゼニを貯めるほか、FF11版ポケ○ンとも言えるパンクラティオンで戦わせることもできます。
パンクラティオンで戦い、勝利することでジェトンを貯めることができます。貯めたジェトンで、撮影が早くなる高速獣写器を入手すれば、短時間で大量のゼニを稼ぐことが可能になります。
パンクラティオンに出場できるモンスターはある程度条件があり、先に紹介したアビセア-タロンギの Naul は出場させることができません。
詳しくはFF11用語辞典の獣魔境公式獣魔境の項目を参照してください。



花鳥風月のトリガーを入手する

撮影した Naul の獣封板を Sanraku にトレードすることで、ゼニが貯まります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804140757p:plain

このゼニと交換で、花鳥風月のトリガーを入手します。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804141428p:plain



花鳥風月NMの討伐

花鳥風月NMは3系統30種類と頂点に立つ Pandemonium Warden の合計31種類います。第1段階、第2段階は、それぞれの系統から1体倒せば次の段階に進むことができます。第4段階のボスは第3段階の3種類のNMの割符が必要になることから、必然的に第1段階、第2段階でも種類はともかくとして、同系統で3回づつ戦うことになります。
ミシックウェポンの作成は、本当に手間がかかります。


第1段階のNM

第1段階はゼニがあればトリガーを入手できます。
NMは3系統、9種類に分かれていますが、1系統のNMを倒して割符を入手すれば2段階目に進めます。

日頃の恨みをギギルンにぶつけます。昔は爆弾処理が大変なNMでしたね。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804152041p:plain

生意気にも服を脱がされました。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804151736p:plain


第2段階のNM

第2段階のトリガーの入手には、第1段階で入手した割符とゼニが必要になります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804152824p:plain
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804152932p:plain


アムーシャと戦ってみました。ギアスフェットNMに慣れていたせいか、ずいぶん小さいと思っていたら、モルボル亜種NMの例に違わず4回変身しました。
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804154256p:plain

最終的にこんな大きさまで成長しました。昔戦った記憶がなくて、たぶんモルボル系は面倒だからLSでもスルーしてたんだと思います。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804154049p:plain



第3段階のNM

第3段階のトリガーの入手には、第2段階で入手した割符とゼニが必要になります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804154744p:plain
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804154926p:plain

アームドギア、序盤はかなり固くILv119の装備でも2桁しか削れないこともあります。昔はフルアライアンスとまでは行かないでも、2PTくらいで戦ってた記憶があります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804161004p:plain


戦利品は割符に交換しておきます。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804160405p:plain


第4段階のNM

第4段階ボスのトリガーの入手には、第3段階のそれぞれのルートのNM3体を倒して入手した3つの割符とゼニが必要になります。
これはアラパゴ諸島系統のティガーのトリガーです。第3段階の3つの割符と5600モンが必要になることから、花鳥風月をこなして行くにはけっこうな手間がかかることが分かります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804160655p:plain

またボスのいる場所へ移動するのに、Sanraku から塩を受け取っておく必要があります。

f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804150605p:plain
f:id:Akitzuki_Keisetz:20190804145351p:plain


ティンニンは首が3本生え揃うまで倒せません。知らずに挑むとハマる可能性があります。戦いが始まったら、ある程度ダメージを与えて後ろを向くなりして、首が3本生え揃うのを待ちます。3本生えると無敵状態が解除されます。

Tinnin
ティンニン


サーラメーヤは昔はモンクで文字通りタコ殴りにして戦っていました。サルベージで大活躍のモンクが、ここでも活躍していましたね。
今は何も考えずに倒せます。

サーラメーヤ
サーラメーヤ


ティガーはスタン、麻痺などの状態異常が非常に鬱陶しい相手でした。その特徴は、ウォークオブエコーズの第4ウォークでも健在ですね。

ティガー
ティガー



第5段階のNM

第5段階のトリガーの入手には、第4段階のボスを倒して入手した割符とゼニが必要になります。
こちらはまだ挑んだことがありませんが、ミシックウェポンをメイジャンの試練で強化する際に、Pandemonium Warden のドロップするマルシバースコリアが必要になるので、いずれ挑むことになります。

各割符とルートは、FF11用語辞典に詳しく載っています。



まとめ

花鳥風月は、トリガーの取得にモンスターの写真を撮影すると言うユニークなバトルコンテンツでした。
今となってはミシックウェポン作成の通過儀礼となっていますが、通過という割にはけっこうな手間がかかります。
かつては週1回でLS活動してましたが、いろんなことがすぐに出来る今、まとめてやろうとするとそのボリュームに圧倒されます。
ミシックウェポン作成に当たっては、心にゆとりを持って花鳥風月もこなして行きたいものです。



以上、花鳥風月のおさらい でした

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.