記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2002 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FF11

【FF11攻略】アンバスケード 第一章 2021年8月版【難易度:やさしい】

2021年8月14日

銀の樽

2020年復帰。ヴァナ・ディールのあまりの変貌ぶりに腰を抜かしつつ右往左往しながら冒険を続けようやくIL時代に馴染んできたタルタル。 普段何をしているのか不明なレベルでイン率高め。

ラムウ

 

アンバスケード第一章 2021年8月版 ラムウ/召喚士

2021年8月のアンバスケード第一章は、久しぶりの新作となるラムウおよび召喚士です。従来の獣人縛りとは少し趣の違う敵となっており、ギミックも大変ユニークな内容となっております。

 

ギミック解説

入場直後はラムウのみ出現しており、最初はこのラムウと戦闘することとなります。ラムウを倒すと召喚士(突入時のリーダーと同じフェイス)がポップし、ラムウ以外の7種類の召喚獣(カーバンクル・フェンリル・イフリート・シヴァ・タイタン・リヴァイアサン・ガルーダ)をランダムで順次召喚していきます。召喚する個体数は難易度によって変わり、とてむずは7体全種、ふつうは3体、やさしい以下は1体のみとなります。召喚士本体のポップ場所は完全にランダムとなっており、反対側の柱の裏側に沸くこともあればスタート地点にポップすることもあるので待ち伏せは難しいでしょう。

ラムウは開幕に必ず「雷電の鎧」という名前のショックスパイクを使用してきます。追加効果のスタンは6~8秒止められるほど強力です。特殊技はボルトストライク・サンダースパークなどのよく見る履行を使用してきます。その中でもスタンガはかなり厄介で、効果時間は10~20秒弱、自己中心広範囲(精霊魔法が届く距離よりも広い)かつヘイトシャッフルの効果があるものとなっています。

HPを半分ほど削ったところでアストラルパッセージのような挙動でボルトストライクを連打してきますので、アタッカージョブのヘイトの上げすぎには注意が必要です。

召喚士は各召喚獣をランダムで順次召喚してきます。個体数上限まで召喚しない状態でPCが本体に近寄るととんずらに近い速度でランダムに逃げ回り、一定の距離を置いてから召喚を繰り返していきます。個体数上限まで召喚が終わると召喚士自身も戦闘に参戦してきます。やさしい以下では1体のみなので、逃げることなくすぐに戦闘に参加してきます。

召喚士本体のHPは2万程度と少ないですが、90%以上のダメージカットがかかっています。HPを半分ほど削るとアストラルフロウのあとにアレキサンダーかオーディンのいずれかを召喚します。アレキサンダーの場合は絶対防御を、オーディンの場合は斬鉄剣を使用してきます。使用後はすぐに消えるため討伐する必要はありません。

 

攻略例

今回は「難易度:やさしい」を殴り専用の魔法セットを準備した青魔道士で攻略しています。魔法ヘイスト確保のために詩人を2枚採用しましたが過剰になってしまったので、1名はクルタダにした方が殲滅速度は上がります。少人数攻略の場合は、光連携・闇連携どちらも対応できる組み合わせで攻略できるとスムーズな周回ができます。

役割 ジョブ/フェイス
攻撃 青魔道士/戦士
メネジン
支援 ウルミア
支援 ヨアヒム
支援 コルモル
回復 ヨランオラン(UC)

バトル1

まずはラムウとの戦闘です。前述の「雷電の鎧」がとても厄介なので、あらかじめ「オスモーシス」か「R.デルージュ」をセットしておきましょう。戦闘開始したらすぐに使用してショックスパイクを無効化します。これでスタンを食らうことなく攻撃することができます。「オスモーシス」を使用する場合は詠唱時間が6秒と長いので、FC装備の着替えマクロを用意しましょう。

ラムウは光連携を吸収してしまうので、レクイエスカット>シャンデュシニュの闇連携で削っていきます。物理防御が高いので「スイープガウジ」を入れておきましょう。パッセボルトストライクはやさしいではそれほど痛い攻撃ではないので、盾フェイスとうまくタゲ回しをしてダメージを分散します。

バトル2

ラムウを討伐すると召喚士がポップし、召喚獣を召喚したあとこちらの戦闘に参加してきます。召喚士本体の攻撃はそれほど痛くないので放置しても問題ありません。召喚獣に集中しましょう。ラムウと違いダメージは通りやすいので、召喚獣の属性にあった連携を駆使して素早く仕留めていきます。リヴァイアサンやカーバンクルは自己回復するので他の召喚獣より時間がかかります。

バトル3

召喚獣を倒したらいよいよ本体の討伐です。90%以上のダメージカットが備わっており削るのはなかなか難しいですが、ブレス系ダメージや無属性ダメージは通りが良いです。今回はレクイエスカットを使ってダメージを与えています。

半分程度まで減るとアストラルフロウのあとにアレキサンダーかオーディンを呼び出します。アレキサンダーの場合は「絶対防御」のみなので特に何も気にしなくて構いません。オーディンの場合は即座に戦闘解除を行い、ヒーリングをすることで斬鉄剣による即死を回避できます。回避を確認したらすぐにヒーリングを解除して戦闘再開しましょう。

なお、サポ黒で精霊の印+アブソルートテラー(要ノートリアスナレッジ)を使う事で25秒の間テラー状態にできるので、その間に倒しきる事ができればアストラルフロウを使用してきません(2021/8/15追記)

 

アンバスケード・エキスパートのトリガーを取得するエミネンスは「経験値の入るエレメンタル類を3匹討伐」です。代表的なのは各属性エレメンタル・ピクシー/アンシーリー・アンブリル・ポークシーなどです。ル・オンの庭のHP各所が近くて便利ですが、個体数が3体×8エリアと非情に少なく枯渇しやすいです。オススメは醴泉島の5番ワープ付近で、夜間ではすぐそばにアンシーリーがおり、日中でも少し移動するとポークシーが生息しています。

エミネンス

まとめ

新作アンバスということで今までにないような趣向を凝らした内容となっています。難易度はそれほど高くないので、前月のサハギンと比べれば周回しやすいと思います。前月あまり稼げなかったという方も是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

アンバスケード総合ページはこちら。

FFXI Ambuscade
Lv99から - アンバスケード編

続きを見る

以上、アンバスケード 第一章 2021年8月版 でした。

  • この記事を書いた人

銀の樽

2020年復帰。ヴァナ・ディールのあまりの変貌ぶりに腰を抜かしつつ右往左往しながら冒険を続けようやくIL時代に馴染んできたタルタル。 普段何をしているのか不明なレベルでイン率高め。

-FF11
-,