記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

装備の強化

FFXI Vegary Ashrakk-Putraxia

【FF11攻略】ベガリーインスペクター アシュラック ルート

ベガリーインスペクターのアシュラックルートでは、アドゥリンの魔境ミッションに登場したAshrakk(アシュラック)を模したモノがボスとして登場します。
ラ・カザナル宮内郭のような空間を進み、中ボスのアンブリルとピクシー(アンシーリー)を倒すことで、ボスのPutraxia(ピュトラクシア) が出現します

FFXI Geas Fete NM Azraal

【FF11攻略】Azrael アズラエル【ウォンテッド】CL128

オプチカルハットをドロップするNM、Hakutaku の上位版です。報酬にもオプチカルハットの上位版が含まれています。
エミネンス・レコード - ユニティ - ウォンテッド2 - 討伐:Azrael (UC) から受領します。

FFXI Geas Fete NM Palila

【FF11攻略】Palila パリラ【ギアスフェット エスカ-ル・オン】CL125

ワクタザ族のギアスフェットNMです。雷鳥的な容姿に違わず、雷属性です。出現後、お供のPalila's Vultureを呼び出します。お供の攻撃力はけっこう高く、足止め手段がないと苦戦します。特殊技スタティックプリズンがかなり厄介で、ヘヴィー、麻痺、スタン、複数ディスペルを備えており、これを食らってしまうと何もできないままやられてしまうこともあります。

FFXI Unity Wanted NM Vidmaire

【FF11攻略】Vidmapire ヴィドマピール【ウォンテッド】CL128

鳴狐をドロップするNM、Oupire の上位版です。報酬にも鳴狐の上位版が含まれています。
エミネンス・レコード - ユニティ - ウォンテッド2 - 討伐:Vidmapire (UC) から受領します。

【FF11攻略】Umdhlebi ウムドレビ【ギアスフェット エスカ-ジ・タ】CL125

ベラドンナ族のギアスフェットNMです。プラントイドにありがちな状態異常を引き起こす技を多発します。とは言えCL125の敵なので、火力でゴリ押しできればさほど怖い相手ではありません。

FFXI Geas Fete NM Brittlis

【FF11攻略】Brittlis ブリタリス【ギアスフェット エスカ-ジ・タ】CL125

ナット族の亜種クロックスのギアスフェットNMです。大量の状態異常やステータスダウンを引き起こす特殊技を使ってきます。同じエスカ-ジ・タのギアスフェット CL125と比べるとかなり戦いにくい相手です。
プレイヤーの状態異常が増えると範囲インパクトを連続で使うモードに切り替わります。火力が足りないとジリ貧になり勝ち目がなくなります。

FFXI Verify the Sensor of Greed, Academos

【検証】FF11に物欲センサーは実在するのか - アカデモス編

エスカ-ル・オンのギアスフェット CL125 は物欲センサーの感度が高いことで有名です。今回は読者のMaymenaさんが参加してくれました。果たして希望の品は何回で出るのでしょうか。

【FF11攻略】Sensual Sandy センシュアルサンディー【ギアスフェット エスカ-ジ・タ】CL125

モルボル族のギアスフェットNMです。紫色の表皮で、通常のモルボルよりもさらに毒々しさが増しています。
モルボルの特殊技くしざし、吸血ムチのほか、テラー効果のついた泥臭い息を使用します。また通常攻撃にはHP半減の呪いの追加効果がついているので、盾役のHPには気をつけて戦います。
臭い息は使ってきませんでした。通常のモルボルより楽に戦えた印象です。

【FF11攻略】Kamohoalii カモホアリィ【ギアスフェット エスカ-ジ・タ】CL125

オロボン族 (オーガーボン) のギアスフェットNMです。オロボンの特殊技に加えて視線判定の睡眠技 ヒプニックランプや、範囲魅了技のメイヘムランターンなど厄介な技のほか、精霊魔法やパライガ、ディスペガなども魔法も使ってきます。

FFXI Ultimate Weapon Tizona

【ミシックウェポン】ティソーナへの道【FF11青魔道士専用究極武器】

青魔道士専用ミシックウェポン、ティソーナの完成までの軌跡です。
2018年10月1日から作成開始し、2019年8月23日に完成しました。
初めてミシックウェポンの作成に挑戦する人のガイドになればと思います。

© 2020 FF11回顧録