FF11回顧録

2017年11月、7年ぶりにヴァナ・ディールに戻った冒険者の回顧録

FF11回顧録

ゲーミングノートパソコンとFF11の相性が悪い理由

f:id:Akitzuki_Keisetz:20200223111452p:plain


FF11はゲーミングノートパソコンの性能を使いきれません

先日、FF11が動くおすすめパソコンの記事を書きました。

www.ffxi-memoir.info

その後いろいろ情報を頂き、FF11はゲーミングノートパソコンの性能を使い切れないことが分かりました。



その理由と対処方法を書きます。


デスクトップパソコンでは、この事象はほぼ起きません。たまに例外はあるようですが…。


NVIDIA GeForce の Optimus機能が原因

パソコンで3Dゲームの描画処理をするのがグラフィックボード (GPU) と言う部品です。
このグラフィックボードを開発している企業のひとつ、NVIDIA社はノートパソコンに搭載するグラフィックボードについては、適切な消費電力管理をすると言う名目で、それほどマシンパワーを使わない古いゲームはグラフィック内蔵CPUに3D描画処理をさせる機能を組み込みました。これを Optimus機能と言います。

最新のゲーミングノートパソコンに搭載されているグラフィックボードは、GeForce 10 以降のシリーズになりますが、最新であるがゆえにOptimus機能も組み込まれています。

一応NVIDIAのグラフィックボードを管理するソフトウェアで、それぞれのゲーム個別にグラフィックボードを使うように指定はできるのですが、FF11は規格が古すぎて、この個別指定が無視されます
FF11は強制的にグラフィック内蔵CPUが使われるので、3D処理性能が頭打ちになるわけです。

これがなかなかの曲者で、FF11をゲーミングノートパソコンでプレイしようと楽しみにしていた冒険者たちの数多の悲痛な叫びを誘発してきました。



DirectX について

DirectX (ダイレクトエックス) は Microsoft社が提供している、ゲーム開発とゲームプレイの基盤になるソフトウェア群です。初代 DirectX 1.0 は1995年10月にリリースされました。
2020年2月時点では、最新版は 2015年にリリースされた DirectX 12 です。
詳しくはWikipediaに載っています。
ja.wikipedia.org

FF11は2002年のリリースされたゲームですので、いま世間で遊ばれているゲームとは開発手法がそもそも違います。
FF11はDirectX 8.1 で開発されています。

Optimus機能は、DirectX 8.1で開発されたゲームが、GeForceを使うことを決して許さないようです。



それでもゲーミングノートパソコンを使いたい場合

それでもゲーミングノートパソコンを使いたい場合や、もうすでに買ってしまった場合、裏技ではありますが方法が無いわけではありません。

この事象の解決方法は、りぃさんとエル爺さんが記事にまとめてくれています。
自己責任になりますので、取り扱いには注意してください

shirotaru.rambler-style.com


kasoukuukan.com


Radeon はどうか

グラフィックボードを開発しているのはNVIDIA社の他に、AMD社があります。AMD社はRadeonシリーズを発売しています。
では、Radeonシリーズを搭載したゲーミングノートパソコンはどうかと言うと、探してみましたがほとんどありませんでした。
AMD Ryzen3/5 と Radeon Vegaシリーズを搭載したノートパソコンはありました。ゲーミングノートパソコンのカテゴリには入らないベンチマークスコアですが、それなりに動くようですので選択肢のひとつとしてはありかと思います。






以上、ゲーミングノートパソコンとFF11の相性が悪い理由 でした。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.